logo_long_wihte

2016年6月にスタートした『西東京市 ハンサムMamaプロジェクト
(HerbNetにて業務委託を受けて実施中です ~2017年3月末まで)

西東京市の産業振興課の方々と共に 二人三脚で 手探りしながら、議論を重ねながら 実施してまいりました。
スタートと同時に大きな反響をいただき、実施した17講座全てでほぼ満席。
半年弱で、延べ235名の方にご参加いただくことができました。

 

お子様と一緒に

img_0068

 

時にはお子様をお預かりして、集中

img_0014

img_0043

 

 

時に 泣いて・笑って・盛り上がって

img_0116

スタートして半年とは思えないほどの 大きな温かい輪が広がっています。

ハンサムには、「魅力的な」という意味があります。子どもや家庭を大切にしながらも、母として女性として輝いて働いてみたい!そんな子育て世代の女性の働き方を、市が一緒になって考え・サポートすることで、ママの魅力的な笑顔を生み出し、家族・地域の笑顔の輪を広げていく取り組みです。

形だけのものには絶対にしない!
本当に必要とされる場を 参加者と一緒に作り上げていきたい

最初に覚悟した事です。

とはいえ^^;

市が一緒になって考え・サポートすることで、ママの魅力的な笑顔を生み出し、家族・地域の笑顔の輪を広げていく

という壮大な計画をいかにして形にしていくのか 正直迷いが無かったわけではありません。

そんな中、西東京市の産業振興課の方々が身をもって まず私を支えてくださいました。
(私も2016年現在 小学校3年生と1年生 の2児を学童に通わせないで子育て中です。)

▶打合せは、基本的に午前中に実施
▶学校がお休みの日はお休みをいただき
▶打合せが伸びてしまった場合には、「お子さん帰宅時間じゃない?」と気にしてくださり
▶お休み中の打合せに子連れで行った際には、「宿題終わったか?」と優しくお声かけくださったり

夕方の電話の際には、兄弟げんか真っ最中なことも多々あり
電話口が騒がしいと「お取込み中ですね。また電話します」と、時間をおいてかけ直してくださることも常連で(-_-;)

それでも、子育てしながらの働き方 いいじゃないの
いつも笑ってみていてくださるから、「子育て中のハンデがあるからなど」引け目を感じることなく いつでも業務に集中することができました。

そんな風に温かく受け入れて頂いて

そうか これでいいんだ
私がやるべきことは こういう事だったんだ

素直にそう思うことができました。